サイズは37?それとも36?

ネットで靴を購入! でも製造・販売業者はスペインにありました

最近、ネットで靴を注文しました。

自分の靴ではなく、足が小さくてお店に行っても『大きいサイズ』しか置いてないと嘆くダンナ用です。

私自身はパリに居た頃、レインシューズが普通の靴屋さんでは見つけるのが難しいので一度だけネットで買ってみたことがありますが、なかなか普通にフィットしてくれたので雨の日に履くことも多かったです。
(今はレインシューズが必要な雨の日はあまり無いのでほとんど履いてないのが実情)

この小さな街では採算が取れないということもあってサイズを豊富に揃えている靴屋はありません。女性用もおそらく22.5センチ(=35)とかは子供用のものぐらいしか無いはずです。
需要が少ない男性用は更に品数もサイズも少ないので、ダンナはショートブーツならスポーツ用品チェーン店でスポーツ用の靴コーナーに一応いろんなサイズがあるので合成皮革の安っぽいものですが、我慢してこれを普段履きに履いています。

しかし、いよいよ普通のモカシンタイプの靴がいかれてきて底に穴が空いてきたのですが、またまた無理して履いてます、雨があまり降らない土地なので浸水する心配が無いのが助かるんですが、そろそろ秋で雨降りの日もあるんですよね・・・。

それで先月、La Redouteで見た、結構良さげな品質の革を使った靴でそれも39というサイズのがあったので注文してみました。上に書いたモカシンは以前同じサイズ、ほぼ同じデザインのをここで購入したものだったのでその跡継ぎという気持ちで気軽に注文してしまいました。

・・・それがよくみると『マーケットプレイス』になってます。つまりサイトは他の業者に場所を貸しているだけで商品の配送は業者からなされるということ、・・・つまり La Redouteブランドでは絶対に無いということでしたが、別に「そうなのね」と気にしないで発注しました。

ところがよく見ると販売元はスペインの靴製造会社、それでは配送方法は?となるんですが、郵便局の国際便ではなくUPSということで、配送は間違いないだろうと 現地配送準備完了の通知が来るのを待ってました。

フランスでの現地配送はなんと持ち帰られた+はるばる配送ポイントに受け取りに

そろそろ配達予定というメールが来たので待っていましたが、インターフォンも鳴らない。どういうことかとまた配送状況をチェックすると、なんと「配送先不在で荷物は配送ポイントの荷物受け取りサービスをやっている小売店に届けました」という文章が入っていました。

えっ、うちのインターフォン故障なのかしらん。チェックしたところ正常に作動します。配達員のミスで不在扱いにされてしまったのかと思ってまた配送状況を見ると絶対来ないと考えていた土曜日の留守中に来たようで、来るのが早すぎたのでした!でもいつ来るかわからないのをじーと待ってられないじゃないですか???

まあいいんですが、おかしな話で週明け月曜の午後遅くならないと配送先の店に届かないようで、結局土曜から3日後の火曜日にやっと受け取ることができました。(とはいっても私は引取には行ってないんですが)

以前よりだいぶ改善されたのにフランスの配送はまだこんなになることもあります。


だからみんなRelais Colis等という地元の小売店への配送を選ぶんですよね、配送手段を選べる時は。

これはいろんな配送業者が利用している方法で自分が希望する地域の小売店(タバコ屋やお菓子屋、雑貨屋など色々です)にネットでの買い物を配達してもらって自分の都合のいい日と時間に身分証明書を持って取りに行くやり方です。いつ来るかわからない小包を待って外出できないのは嫌だし、働いているとかで留守がちな人とかはみんな利用してます。

試し履きしてみると大きすぎ!!!

早速箱を開けて試してみると、なんと大きすぎ! 
私がそばで見ていてもかなりブカついていて明らかにワンサイズ上!

おかしい・・・・。
落胆しているダンナの横でしばし考えた後、

そうだ!

コロナ禍の前にバレンシアに旅行した時買ったビーチサンダル、37にしては大きいので変だとは思いながら、室内用に買ったので気にしてませんでした。でも下の写真の通り、かなり踵の部分が余っています。

こんな感じ。キタナイ足ですみません。
見苦しさを避けるために小さな画像にしています。

うーん、それではスペインの靴サイズは同じ表示でも大きめなんだ、という結論に行き当たりました。そういえばパリの家の近所の靴屋のバーゲンでイタリア製のブーツを買った時、気に入ったデザインなのにサイズは36しか無かったのですが店員さんに
「イタリアのサイズは大きめだから大丈夫ですよ」
と言われてなるほどその通りだったのを思い出しました。でも厳密にはワンサイズじゃない気もします。+0.5~0.8サイズぐらい??

ちなみにMarcoTozziは名前は『イタリアン』ですが実は
Tamariと同じくドイツのメーカーで、フランスサイズと考えて
購入して平気です。

スペイン・イタリア製の靴を買う時はフランスより1つ小さめを選ぶ

そういう訳でこの靴はこのまま返品しました。革の質など作りはすごく良いのに残念です。UPSのデポジットポイントのお店が徒歩圏にあるので助かりましたが、靴はネットで購入は難しいなと個人的には思います。

そう、やっぱりこの教訓はこの見出しの通り、

スペイン・イタリア製の靴を買う時はフランスより1つ小さめを選ぶこと

です。色々な日本語での案内には欧州コンチネンタルサイズは一つにひっくるめて書かれていますが、こういう違いもあるんですね。

つまり靴のサイズは
23cm=フランス36、イタリア・スペインでは35
23.5cm=フランス37、イタリア・スペインでは36
24cm=フランス38、 イタリア・スペインでは37

と、いったところでしょうか。

(よく憶えてないのですがむか~し昔、スペインで靴を購入した時はフランスと同じサイズだったような気がしますけどねえ、しかし)

SAKURAの脱パリ生活 - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください